野外バーベキュー

火を使える場所を探します
野外でバーベキューをするときは、その場所探しから始まります。火を使える場所は制限されていますので、キャンプ禁止区域になっているかどうか、ま た、火をたいてよいかどうか事前に確認しておきま しょう。山、川原、海、高原などの目的地を選ぶと きには、到着までの所要時間も考えます。魚を釣っ て焼いたり、山菜やきのこを採って焼くなど、春夏 秋冬の味覚を求めて場所選びをするのも、楽しいも のです。
簡単に作れるかまど 目的地に着いたら、まずかまど作りです。周囲をよ く観察して、何を利用して、どれほどの大きさのも のを作るか、おおよその設計図を描いてみます。川原でかまどを作る場合、できるだ け大きな金網を 2枚用意しておきます。 U字型に石を組んで、 2段に金網を固定します。下段に燃料を 置き、上段で焼きながら食べます。

いろいろある燃料
周辺に木があれば、たくさん集めましょう。初めての人は、バーベキュー用炭やマッチで簡単に火が着く固型燃料を用意します。缶入りのものやチューフ入り、ゼリー状のものなどいろいろあり、燃焼時間 もそれぞれ種類があります。点火用のマッチは、水 や汗でぬらさないように、ビニール袋に入れて持っ ていくとよいでしょう。ガソリンバーナーやマッチノンというライターも便利です。 野外バーベキューに必要な用具 かまどを作れるような石がない場所では、コンロが必要です。初めての人は薪より火力が安定するコンロを使ったほうが気楽に取り組むことができます。 また、食器類は使い捨てのできる紙コップ、紙皿、 割り箸を利用すると便利です。その他、大きめの鍋、 包丁、まな板、缶切り、アルミホイル、布巾などを 最低限用意する必要があります。調味料は、塩とこ しょうくらいは用意しましょう。

グリルにフタ

品質高きMADE IN USAのグリルは、現在世界各国で使われています。グリル本体は円形を半分に割ったようなデザインで、焼き面・火床の下部と、フタの上部に分かれている。いたってシンプルなつくりである。このシンプルな造形に加工を施し、誰が見てもわかる存在感は唯一無二であろう。サイズは一般的に日本で使うには規格外かもしれないが、そのゆとりとフタによる料理の幅広さを知ってしまえばそんなデメリットもよしとしてしまえる。従来の日本のバーベキューシーンでは、グリルにフタが付くという発想などなかったのだが、ここ数年の流れを見ると、各メーカーがこぞってフタ付きのグリルをリリースしている。このムーブメントこそ、ウェーパーが端を発しているのは明らか。単純に肉や野菜を焼き、市販の焼肉のタレで食す焼肉スタイルではなく、本来のバーベキューを楽しむ人々が増えているのだろう。

炭火で焼く独特の風味に、さらにフタをしてオーブン効果。ウマくないはずはない。そして、スモークチップを炭の上にバラバラとかければモクモクと煙はあがり、簡単に爆製ができる。今まで使っていたグリルより活用法が少し増えただけでも調理の幅はグンと広がるのだ。この豪快なサイス感を惜しげもなく使いこなすなら、大きな食材をガツンと調理してほしい。

 

東京でバーベキュー

バーベキューをやったところで誰にも文句を言われないほど広大な場所なんて、日本国内にはそう多く存在しない。都会に住む人たちにとってバーベキューを行う場所は、実は結構限られているのが実情です。炭火で焼いた食材のいい香りを漂わせても、ご近所さんの洗濯物にその美味しい匂いまで染みつかせてしまう。

都会生活において、もっとも身近なのは公園内にあるバーベキュー場。だいたい自宅から車で1時間もない場所に点在し、便利な立地にあるけれど、たいがいのバーベキュー場は駐車場から離れていて、荷物を運ぶ手聞がかかる。そして、施設は公圏内なだけに必要最低限だったりする。昔からずっと変わらないスタイルが続いている。それでも慣れてしまえばさほど気にすることはない。近くにあるというだけで、人数は集まりやすいし、料金も割安だからです。東京でバーベキューするならパーティーハウス新宿店Pがおすすめです。

ちょっと足を延ばしてキャンプ場でのBBQ利用はどうだろう。テント泊やコテージ泊など宿泊者を対象とした施設だから、施設の充実度は公圏内のBBQ場に比べればなかなか高い。雨天でも楽しめるよう、屋根付きのBBQ場もあったりする。キャンプ場はロケーションが多彩に選べるのも魅力で、夏だったら海の近くや川のそばなど水の近くのスポットが人気だ。車をBBQスペースに横付けできるオートキャンプスタイルのキャンプ場ならば、荷物の出し入れは非常に楽々。実はキャンプ場を利用する際は車の横付けができるかどうかを重要視したほうがいい。

 

最新のバーベキュースタイル

バーベキュー少人数対応モデル多数おすすめは車上スタイル

コンパクトタイプといえど、その対応人数はモデルによってさまざま。収納・使用時ともに小さくまとまっているバーベキューグリルがあれば、収納が小さくて使用一時には大きくなるバーベキューグリルもある。ひとりやカップルなどで多く使う人は、ロゴス・グリルキューブやコールマン・パックアウェイグリルあたりが軽量で持ち運びやすく、サイズ感もちょうどいい。

唯一このカテゴリのバーベキューグリルにおいてあてはまるのは、テーブル上で扱えるバーベキューグリルが多数あることだ。実際に使うシーンを想像してみると、テーブルの中央にバーベキューグリルがあるシチュエーションは「焼肉屋」で食べるスタイルといっしょ。テーブルはそこそこスペースに余裕が必要となるが、普段慣れ親しんだスタイルはコミュニケーションを取りながら焼くの非常にいい。サブグリルとしても活躍する、あるとうれしいアイテムだ。

楽して火おこしするのが最新のバーベキュースタイル!

ひと昔前のバーベキュー場では、新聞紙を丸めて火種にして、うちわであおいで炭に火をつける・.. なんでいう姿、があちこちで見られた。火つきの悪い安価な炭など使おうものなら、いつまでたっても火がおきず、火おこし担当はまわりの冷たい視線にさらされながら、汗をかきかき、プレッシャーに耐えて火おこしを続けたものだ。

しかし最新のバーベキュー事情では、炭や道具が進化して、火おこしがひと昔前に比べるとかなり簡単になっている。いちばん進化したものといえば、なんといっても炭。「着火加工成型炭」の登場だ。

これは木炭粉などを成型して作った炭に、着火剤を含ませたもの。ライターなどで直接火をつけると、たちまち炭に火がまわり、あっという間に炭おこしが完了してしまう。これなら火おこしをしたことがないビギナーでも、簡単にバーベキューを楽しむことができる。

東京、新宿でバーベキュー!

バーベキューが東京でもできます。都内の持込BBQパーティーハウス新宿店Pでは都内でバーベキューができます。
おすすめ:バーべキュー東京のパーティーハウス新宿店P

バーベキューグリル

バーベキューまずは特徴をつかんで新しいスタイルを想像

今も昔もバーベキューグリルはスタンドタイプが主流であることに変わりはないが、最近ではフタ付きやコンパクトタイプなど、種類が豊富に増えてきた。数多くあるグリルのなかから自分のスタイルに合ったグリルを見つけ出す方法ってなんだろう。使用人数、持ち運びやすさ、扱いやすさ、調理のバリエーションなと、それぞれのタイプの特徴をしっかりつかめば、答えは見つかるはずだ

使用人数が最大の目安あとは況用性を見極める

バーベキューグリルなんてどれもいっしょでしょーとはいえないくらいグリルのレパートリーがあって、選ぶ楽しさはあるけれど適正を見つけ出す難しさもある。最近のグリルのタイプは大きく3つに分けられて、昔からある「スタンドタイプ」、人気上昇中の「フタ付きタイプ」、持ち運びのしやすい「コンパクトタイプ」とある。

選び方の目安だが、どんな調理に挑戦したいかは二の次にして、使用人数に適したサイスのクリルを選ぶことがもっとも肝心だ。そのためには各グリルの使用時サイズや焼き面サイズをしっかりと調べておきたい。スタイルが気に入ってもバーベキューグリルが大きすぎて人数に対応しなければ、ちょっとどころか、かなりもったしない。

次に汎用性を考えてみよう。炭のつぎ足しはしやすいか、使用後の灰処理はどうやってするのか、グリルの高さを変えられるか、キャンプで使う場合は焚き火もできるか、などなどバーベキューグリルにはそれぞれに特性がある。すべてを兼ね備える万能なグリルなどなく、どこかしらにデメリットはある。

それでもあえて最初の1台として扱いやすいタイプはどれか?と問われれば、スタンドタイプだろうか。条件としてバーベキューをする場所まで車での移動と考えるとすれば、である。グループの場合はスタンディングで調理ができ、家族で落ち着きたい場合は脚フレームを短くする。併せてローチェア&ローテーブルでグリルを囲むと、比較的コンパクトなスタイルが実現する。面倒な片付け法もおおむねシンプルなモデルが多いからだ。

バーベキューグリル

グリルのラインアップは、一昔前まではスタンドタイプ一辺倒でした。もちろん今でも一般的なバーベキューグリルとしては王道のスタンドタイプがやはりナンバーワンの存在感を占めている。近年ジワジワと台頭しているのはフタ付きのグリルで、国内アウトドアメーカーはこぞってリリースし始めている。ただ焼くだけにとどまらないバーベキュー文化が少しずつ根付いている証拠かもしれません。

多少値がはってでも高品質モデルがおすすめ

バーベキューグリル購入にあたっては、安物買いはその好ましくない結果がかなり顕著に現れる。「デザインは昔ながらだったりするけれど、安いからまあいいか」と購入し、数回使用してみるが、次第に片付けは億劫になり、汚れもそのまま・・。材質もとことん切り詰めて作られているグリルであれば、錆び付恐きや変形がすぐに起きる。それでもしばらく使い続けるはできるが・・・・・・である。

これからバーベキューライフをさらいに充実させたいのであれば、プラス何千円か出して品質の高いグリルをぜひ手に入れてほしい。「必要ない」と思うよう一な機能も、ちょっと使ってみるぽと「あら、ステキ」と素直に喜べるものばかりなのだから。

バーベキューは日本のアウトドアのシーンにおいて、もっとも活動人口が多い、いわばアウトドアの入り口。テントやタープといったアイテムより、ニーズは格段に多い。だから各アウトドアメーカーはユーザーニーズにとことん応えるべく、津身のアイデアを込めたグリルを輩出するのだ。そこには、日本ならではの発想や、さりげないアイデアが生きている。国内メーカーであればコールマンジャパン、ロゴス、ユニフレームあたりはコストパフォーマンスが高く、スペックも十分なグリルが掛っている。

近年はフタ付きグリルも人気上昇中。ただ焼くだけではない、フタをしてオーブン、スモークをするなどアメリカンスタイルのバーベキューが浸透してきた。圏内アウトドアメーカーでも、少しずつではあるがフタ付きのグリルをリリース。いろいろなバーベキュー料理を楽しみたい人にとってすでにグリルの選択肢は、「ただのバーベキューグリル」ではなくなっていて、使える付加価値を求めている。

焼き肉的なバーベキューでももちろん楽しいのだが、質のいいグリルを手に入れれば新しいアイデアが自然と生まれ、調理の幅がどんどん広がる。そのうえ使い勝手がよく、後片付けまでスムーズ。長く快適にバーベキューライフを楽しみたいなら、アウトドアメーカーのグリルが間違いない。

◎おすすめサイト:バーベキュー東京のパーティーハウス新宿店Pがおすすめです。

バーベキュー場

バーベキュー施設への距離は近く無理のない移動距離にしたほうがいいです。広大な敷地の場所は開放的なのが一番の魅力だが、水場やトイレなどの施設が遠かったり、直射日光や風の影響を受けやすいデメリッ卜もある。タープを張るテクニックを必要としたり荷物を長い距離運搬するとなれば、初心者では大変だ。あそこ気持ちよさそうだな、人少ないしという場所は、得てして不便な要素が多いから。そんな場所でも快適に過ごせるかどうかは、経験値が大きく関わる。

バーベキュー場

最低限BBQを楽しむだけの場所が都市部の公圏内などにあり、安価で利用可能なバーベキュー場がおもに提供するのは広々とした場所です。施設が十分ではない場合もあるが、なにより都市部にある手軽さが強みです。最近は道具のレンタルサービスが盛んです。

キャンプ場

宿泊客用の快適設備が充実です。テントを張って寝る目的のキャンプ場は、都市部にはあまり存在しないため、若干遠出をする必要があるが、自然度はその分高い。また宿泊客主体の施設だからトイレや炊事場など施設の使い勝手がよい。

鉄板焼き

お客様のおもてなしに、ちょっと気どった鉄板焼き を紹介しましょう。オードブルからデザー卜までを鉄板の上で作り、サービスしながら食べていただく 方法です。オードブルを鉄板でというと驚かれるか も知れませんが、えびや貝などはもちろん、野菜、チーズなどを焼けば立派なオードブルになります。 魚と肉はフルコースのメイン料理。お客様の好みのものを、好みの焼き加減でおすすめしましょう。 厚切り肉を焼くときは、ステーキカバーかホットプ レートについているふたを利用すると、火が通りやすくなります。 材料を変えて焼くときは、必ず鉄板をきれいにし てから焼くことさえ心得ていれば、席を立たずにサー ビスできるので、気軽にもてなすことができます。

ムール貝のブロシェット
材料:ムール貝12 個
白ワイン大さじ
マッシユ ルーム
ベーコン適宜
塩・こしょう各少々
作り方 ①貝は足糸を抜き取り、殻をよく洗います。 ②ワインをふってふたをし、口が聞いたら殻からは ずし、マッシュルーム、ベーコンと串に刺しますムニエル
材料:舌びらめ4枚塩・こしょう・小麦粉各少々 油・バター各大さじ 2 オレンジ|個
作り方 ①舌びらめは裏側のうろこを取り、頭の先 を包丁で押えて表側の皮をはがし、内臓を出してよく水洗いし、塩、こしょうをします。 ②水気をふいて薄く小麦粉をつけ、両面きつね色に 焼き、オレンジのソテーを添えます。
オードブル

バーベキューで使う七輪

江戸時代から、庶民の聞で重宝されてきた七輪。乙の伝統ある炭火調理器具はベーべキューにもってこいなのだ!

金属製七輪

丈夫で気軽に扱えるのが魅力落としても割れない金属製。軽量なので手軽に持ち運びができる。珪藻土製の弱点を解消したお手軽タイプといえる。

角型七輪

魚の丸焼きや焼き鳥に最適長方形の特殊七輸は、サンマの塩焼きや焼き鳥といったメニューを作るのに最適なモデル。炭を片側に寄せて、火力調整のエリア分けがしやすい。

かまど型七輪

火力謂聾がとても簡単側面がカットされており、焼き網を載せたまま炭の継ぎ足しカ句能。サイドから空気を取り入れられるため、火おこしもしやすい。ダッチオーブン料理にも向いている。

ナイスアイデア三連発

石を挟んで焼き網の高さを調節 最近のベーべキューグリルでは、焼き網の高さ調節機能は一般的になっているが、七輪にはそんな機能はない。そこで、高さがそろっている石を網の下にセットし、高さを変えるのだ。

焼けた食材はフチの避難所ヘ これは上部が聞いている朝顔型ならではの使い方。広がっているフチの部分には、それほど熱が届かない。なのでコゲそうな食材はフチの部分に避難させておくことができる。

串焼きの串がコゲない 一般的なベーべキューグリルでは串まで焼いてしまうことがあるが、朝顔型七輪なら心配無用。根元部分の肉までしっかり焼けるようにセットしでも、串の手で持つ都分はまったく熱くならない。

和製ベーべキューグリルの実力を体感しよう!

日本の伝統的なベーべキューグリル「七輪」。とっても風情があって、いつもと違う雰囲気のベーべキューが楽しめそうだ。

しかし、楽しめるのは風情ばかりではない。珪藻土製七輸は、温められると、炭が燃えたときと同じ赤外線を発生させる。このおかげで、肉や魚は、ふっくらとおいしく焼き上がるのだ。

赤外線の効果を最大限に発揮させるには、火の状態を「遠火の強火」に保つこと。多めに炭を入れて、高めに網をセットすれば「表面はパリッ、中はジューシー」という理想的な焼き上がりになる。

 

バーベキューの準備

野外バーベキューのほかに、庭先やベランダでバーベキューを楽しむこともできますよね。野外では何かと不安だと思われる方は、ガーデンバーベキューで経験を積めば、要領もわかってきます。 野外では石を組んでかまどを作りましたが、庭先 やベランダでバーベキューをするときは、野外で簡単に作れるご飯 を入れ、袋の中の空気を出して輪ゴムで止めます。熱湯の中に入れてから30 分くらいで、おいしいご飯ができます。 お湯は川の水や海水を利用してもよく、 出かける前に人数分用意しておけば、 大変便利です。東京からちょっと郊外まで足を延ばせばすぐに野外バーベキューができますよね。車で移動すればバーベキューの道具を色々と持っていきます。
最近は、便利なバーベキュー用燃料がいろいろ市販されていて、マッチ l本で火がつく固型燃料や豆炭、堅炭などがあります。 これらにすばやく 着火するための強力着火剤もあり便利です。固型燃料は煙が出ないかわ りに臭いがあるの で、しばらくして から 焼きます。

グリルを使うと便利です。炭火が一般的で、 すっかり燃えて、おきになってから焼きましょう。 火力は中火で、平均に回るようにします。 また野外では市販のたれやソースが大変便利です が、ガーデンバーベキューの場合は、手作りバーベ キューソースを何種類か用意したいものです。
バーベキューのアクセサリー バーベキューをおいしく演出するものに焼き串やオムレツ返し(ターナー)、肉刺し(ポ ーカー)、はさむもの(トング)などがあり、手を火の上に長い柄 がついていま す。 また、火 ばさみや軍手 も備えたいものです。野外バーベキューを都内の東京でもできるところがあるんです。東京でバーベキューをできるパーティハウス新宿店PのWEBサイトをおすすめしておきます。

おすすめ:バーベキューを東京でやるなら都内の持込BBQパーティーハウス新宿店P