いけばな

生け花ワンランクアップ

せっかく、可愛いCUTEな花束やフラワーアレンジメントを頂いても、「花言葉」を調べたとたん、ガッカリしてしまった事はありませんか?「花言葉」を調べてみると、1つの花にいくつもの花言葉が存在したりもしますが、花を贈り合う事で、お互いの気持ちを確かめるような1つの「言語」としての役割を担っていた時代もあったようなのです。実際、現代でも言葉に出して言いにくい事柄は多くあります。そんな時に、花を贈ることで相手に気持ちが届くなんて、なんとも素敵な意志の疎通ではありますね。花とは、別物ですが、現代人がメールやLINEなどを通じて伝達を行う際には、絵文字やスタンプを使用したりするものです。絵文字やスタンプは、言葉以上に、相手に気持ちを伝える時もありますが、それらのツールを使い慣れていない人々に送ると、不可解な返答や意味不明な会話に陥ってしまう可能性もあります。花束を贈る際に難しい事は、やはり相手が「花言葉」をきちんと理解していない場合、逆の意として捉えられてしまう可能性を秘めている点です。例えば、「スイセン」の花を、尊敬を込めて、お世話になった先輩に贈ったとします。贈られた側の先輩が、「スイセン」の花言葉を調べてみると、「うぬぼれ」「もう一度愛して欲しい」などといった、ワードをみつけてしまい勘違いをしてしまうといった可能性もあります。花を贈る際に、もし「スイセン」を『尊敬』を込めて贈るのであれば、メッセージカードに一言、「スイセンの花言葉、『尊敬』を込めて先輩に感謝を伝えます。」など、自分の伝えたい、花言葉の「意」を添えた方が良いかもしれません。フラワーアーティストや華道家なども、作品作りに特別な想いを込めたい時などに、花言葉から、作品に使用する花々を選択する事もあるようです。フラワーアーティストや華道家ともなると、作品に「テーマ」を設けたり、「題名」を添えたりするので、作品に対する「意」は、観客側に伝わりやすいかもしれませんが、素人が花を贈る際に、花言葉も同時に伝えたいと考えるような時は、その伝え方には気を配りましょう。可愛いけれど、危険な「花束」と「花言葉」、扱い方は要注意です。思ってもみないトラブルに巻き込まれる可能性を十分に秘めています。

お歳暮

食卓にハムを

ハムは歴史の古い食べ物で、皆が美味しく食べられる食品です。是非ご家庭でも味わってください。ただの肉であればすぐに腐ってしまいますが、ハムという加工食品にすると、その保存可能期間は飛躍的に伸びます。こうした技術は、過去の人達の知恵によるものです。塩漬け、燻製といった方法でハムは造られますが、その製造過程まで熟知している人は少ないでしょう。興味のある人はリサーチして学んでみてください。因みに最近の調査によれば、日本に限っても10万トン以上のハムが製造されたことになります。中でもロースハムが人気となっており、家庭で食される機会が非常に多いことが分かります。
ハムについて詳しくない人も、その原料が豚肉であることはご存知でしょう。と言っても、実は豚肉以外の肉が使われることもあるのです。ただここでは豚に絞ってご説明することにします。豚の妊娠期間は4カ月ですから、それほど長いものではなく、しかも一度の出産で多くの赤ちゃんが生まれます。また成長が速いことも知られており、すぐに大きくなり、また丸々とした体になります。言い方は悪いですが、豚を育てるのは非常に効率的な作業であり、メーカーとしても旨味が沢山あるのが豚肉なのです。消費者としても、安くて美味しい肉を食べられるわけですから、豚肉に人気が集中するのは当然と言えます。肉の中でも味、風味、色、噛み応えの全てにおいてトップクラスであり、ハムにするには最適です。因みにどの部位をハムにすべきかは決まっておらず、色々な部位ごとに特色があります。
ハムはとにかく保存できるのが長所です。ハムがしょっぱいことからも分かるように、塩漬けという工程は欠かせません。この工程によって、微生物が付きにくくなるのです。

歯ブラシの時間帯

歯ブラシの時間帯

人々が、人間的な生活かつ文明的な生活を続ける以上歯ブラシによるブラッシングは避けられないという風に言えます。現在では、食べ物も飲み物も多様化しており、それぞれの人が自由に食べ物や飲み物を選ぶということは、もはや一般的になってきているという風に言えるでしょう。そのような中でどのようにして、ブラッシングをストレスなく続けるのかということはあまり考えてこられなかったのではないでしょうか。そのポイントとして挙げられるのは、何時頃ブラッシングをするのかということも重要であると考えられます。なぜならば、ブラッシングを続けるとするならば適切な時間帯にしなければ十分な効果が得られない場合があるということも考えられているからです。歯と歯茎が悪い方に傾くとすれば大体の場合は、寝てる時に進む場合が多いため寝る直前にブラッシングをしておくと、安心かもしれません。目覚めて活動をしている状態であれば、大体の場合よだれが出ており歯についた異物などをカバーする役割を果たしでくれているわけですが、寝ている間などにおいてはほとんどよだれなどが分泌されないため、結果として十分に歯が保護されないまま朝を迎えてしまえば恐ろしいことになりかねないということを分かっておくことが何よりも重要であるという風に言えるかもしれません。一日一回であるならばブラッシングは寝る直前が良いということを覚えておきましょう。