看板メニューの特徴

看板メニューの特徴

飲食店には、看板メニューが必要です。看板メニューがあることでどんな店かも分かりやすくなりますし、人に勧めやすくもなるでしょう。では、どのようなものを看板メニューにすれば良いのでしょうか。

まず、コンセプトに沿っているということが重要です。自分がどのような店を作りたいのか、お客様にどのようなものを食べてもらいたいのか、どのような想いが込められているのかという部分です。これらはあくまで一貫していなければいけません。落ち着いた雰囲気の店を作りたいにも関わらず、安い看板メニューを売りにする店としてしまっては、看板メニューと店のコンセプトがばらばらになっている状態になってしまいます。一時的な流行りなどに乗って、安易に定めてしまわないようにしましょう。

次に、ターゲットのニーズがあるかどうかが大切です。高級志向の店を作ったとしても、学生が多いような立地であっては本当に使って欲しい人に届きません。自分の店が、どのような人に使われやすいのかという部分を意識する必要があるでしょう。併せて、市場優位性にも気を付けなくてはなりません。例えば学生が多いからと、安い看板メニューを定めた大衆居酒屋を始めたとします。確かにニーズが合っているのでお客様が来るはずですが、そのような場所であれば既に似たような店が存在している可能性が非常に高いと言えます。近くに大衆居酒屋が何軒もあるようでは、当然ながら売上を伸ばすことはできません。似たような店が多い場合でも、自分の店ならではの強みを持つことこそが「市場優位性」となります。競合店舗よりも何が優れているのかをしっかりとチェックして、お客様を獲得できるよう工夫していきましょう。

飲食店関連へのサポートのサイトこちらメニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

消費期限

消費期限とは何なのか

長期保存が可能な食品包装と言えば、昔は缶詰に限られていました。現在のように常温で数か月保管できるプラスチック容器が普及していなかったのです。缶詰は保存可能期間が長いというメリットはありますが、多くの欠点を抱えています。重いというのもその一つですが、中身が見えないことも難点と言えます。金属缶の中に何が入っているのかは、外側から全く窺い知ることができません。いえ、正確には何の表示も貼られていない場合、全く分からないのです。裏を返せば、缶詰には必ず食品表示が貼られており、日本缶詰協会も自主的に中身の仔細を記載するように通達しています。記載が推奨されている項目としては、品名、形状、個数、原材料、内容量、賞味期限、製造業者等があります。これらは法律によっても表示が義務付けられている項目であり、消費者の判断を大きく左右するものでもあります。

ところで食品表示の一部、特に賞味期限、製造所については、缶本体に直接印字されているケースがほとんどです。しかしアルファベットや数字で表現されているため、消費者が一瞥しただけでは判読できないこともあります。そこで日本農林規格は消費者のニーズに応えることを勧めており、分かり易い表示が各メーカーに課せられているのが実情です。中でも「食品衛生法施行規則」「成分規格等に関する省令」が設けている表示基準はクリアしなければ、商品化することすら叶いません。

消費者にとっては、こうした食品表示は購買意欲に直結するものですから、大変重視していることは言うまでもありません。特に消費期限、賞味期限には多くの関心を払っていることでしょう。しかし正確にそれらの日付を理解している消費者は少ないように思われます。

ネットショップ経営者必見! 通販におすすめな梱包材・緩衝材メーカー6選!

骨壺のデザイン

手元供養の骨壺のデザイン

骨壺のデザインを気に入り、その骨壺をどうしても手に入れたいと思うことも珍しくありません。最終的には実用とデザインのどちらを選択するのかが問われますが、後者を選んだ場合、納骨堂を利用することを諦めるしかありません。その場合は、最終手段として、手元供養という方法があります。手元供養にすれば、自宅で遺骨を保管することになります。ですから、骨壺の実用性を考慮しなくて良いというメリットがあります。但し、ずっと自宅で保管できるわけではありません。管理人が健在であればそれも可能ですが、多くは数十年もすれば、管理人が変わってしまいます。半永久的に、安定した保管、管理を望むのであれば、やはりプロの納骨堂に依頼する他ありません。決心したら、お気に入りの骨壺から、実用的な骨壺に入れ替えます。シンプルな骨壺であれば手に入れやすく、葬儀社でも販売しています。しかも数千円程度のものなので、急遽決心しても、実行に移せます。

骨壺に関しては、たまに特異な人を見かけます。骨壺を自作しようとする人です。陶芸に関心のある人の中には、骨壺まで作りたいと考える人がいるのです。人によってその目的は様々で、自宅で飾るために、つまり手元供養するのに作る人もいれば、お墓に埋めるための丈夫な壺を作り上げたいと意気込む人もいます。お墓にしろ、納骨堂にしろ、自作の場合は納骨スペースのサイズを事前に測ることが何よりも大切です。カロートの内部は、そう易々と測れるものでもないので、準備するのに時間を掛けなければなりません。納骨堂なら、管理者に尋ねるだけで済ませられるはずです。

昨今の公園墓地を始めとする墓地・霊園などについての記事を発信していくサイト: kouenbochi.jp

 

 

店舗経営

店舗経営にむけて

仕事と遊びを並行させて楽しめると聞いたら、あなたはどう思うでしょうか。これは、ギャンブルにも近いですが、好きなことを形にするといった点では負けのないギャンブルと言えるでしょう。それが、店舗の経営者になることです。近年では、古民家カフェなど、ユニークなお店も多く、注目をあつめているのではないでしょうか。ここでは、店舗デザインについてみていきましょう。デザインを依頼する先の多くは設計事務所になります。事務所には何人かのデザイナーが在籍していますから、彼らがオーナーのイメージを聴取した上で、そのイメージを具現化します。この具現化されたものは図面と呼ばれ、工事の原案として参照されることになります。施工会社は図面通りに工事するのが仕事ですから、図面に問題があれば工事のトラブルが発生します。ですから数値等は抜かりなく算出するのが、設計事務所の責務となっています。設計事務所が変われば得意分野も異なることから、店舗デザインに精通した設計事務所を選定する必要があります。住宅のデザインとお店のそれとは別物なので、オーナーは間違えないように選びます。設計事務所は内装に加えて、お店のロゴ等もデザインしてくれますから、オプションで発注するのもよいでしょう。ところで設計士と建築士との違いをご存知でしょうか。建築士は専門職としての国家資格であり、建築の全プロセスに関わるスペシャリストです。それに対して設計士は、名乗る上で必要となる資格は存在しません。設計会社との打ち合わせは簡単に終わらせるべきものではありません。今後の経営状況に影響を与えるであろうことは想像に難くないからです。オーナーは抱いているコンセプトと予算を尋ねられるので、分かる範囲で伝えます。それを基にデザイナーがスケッチして図面を作成します。この時、3D表示でイメージの共有を図ってくれるデザイナーもいます。オーナーのイメージに近い図案、図面が作成されると、今度は予算内に収まるかを確認します。予算を頭に入れずにデザインした場合は超えてしまうことも多く、オーナーとしては諦めざるを得ません。再び練り直してもらいます。

ブルックリン

ブルックリンスタイルの店舗

楽しみながら仕事をしたいという人たちが多くなってきたように感じられる現代、自身の好きなカテゴリーを掲げてお店を持つというのも夢のひとつになっているのではないでしょうか。お店を持つうえで一番最初にこだわるべきは、店舗デザインではないでしょうか。近年の流行から見ると、ブルックリンスタイルのお店というのが多くみられているようです。

ブルックリンスタイルと言えば、マットな床が定番です。マットな質感は素材の味を殺さず、温かな印象を与えます。お勧めするのは足場材等の木材です。これらは木目を見せることのできる素材として貴重なのです。但し、木材はそのまま使用してしまうと、木粉が埃に変わってしまいます。防塵加工を施してから使いましょう。防塵加工はモルタルに対しても有効です。モルタルはコンクリートにワックスをかけたもので、ブルックリンスタイルには欠かせない素材です。

ブルックリンスタイルを本格的に導入するには、壁の木材を節ありのものにします。ニューヨークでも足場木材のリユースが基本となっていますから、拘る人は磨こうともせず、釘跡も消さずに使用しています。面白いのが、リユース品の素材の方が新品よりも高額であることです。ですから予算上の制約がある場合は、新品を用いるしかありません。新品であっても塗料を雑に塗れば、中古品に似せることができます。そして塗料にも気を配ると、より本格的な雰囲気を生み出すことが出来ます。例えばシャコビーンは透明色に近く、塗るだけで木材の素材感が強調されます。その働きはニスとよく似ていますが、味わいは異なっています。

ブルックリンスタイルは人気を博していますが、製作の難しい様式です。中古品の木材を使うわけですから、形が歪で組み立てに苦労するのです。貼り付ける際は、ボンドとタッカーで試行錯誤しながら完成を目指します。本物のレンガを使ったタイル作りも簡単ではありません。しかもレンガは高価な素材であり、チェーン店等では「レンガ風」のタイルを代用することがほとんどです。マットなタイル、敢えて斑を作り出しているタイルが豊富に販売されているので、拘りの強い経営者でない限り、十分満足できる仕上がりになるはずです。