東京でバーベキュー

バーベキューをやったところで誰にも文句を言われないほど広大な場所なんて、日本国内にはそう多く存在しない。都会に住む人たちにとってバーベキューを行う場所は、実は結構限られているのが実情です。炭火で焼いた食材のいい香りを漂わせても、ご近所さんの洗濯物にその美味しい匂いまで染みつかせてしまう。

都会生活において、もっとも身近なのは公園内にあるバーベキュー場。だいたい自宅から車で1時間もない場所に点在し、便利な立地にあるけれど、たいがいのバーベキュー場は駐車場から離れていて、荷物を運ぶ手聞がかかる。そして、施設は公圏内なだけに必要最低限だったりする。昔からずっと変わらないスタイルが続いている。それでも慣れてしまえばさほど気にすることはない。近くにあるというだけで、人数は集まりやすいし、料金も割安だからです。東京でバーベキューするならパーティーハウス新宿店Pがおすすめです。

ちょっと足を延ばしてキャンプ場でのBBQ利用はどうだろう。テント泊やコテージ泊など宿泊者を対象とした施設だから、施設の充実度は公圏内のBBQ場に比べればなかなか高い。雨天でも楽しめるよう、屋根付きのBBQ場もあったりする。キャンプ場はロケーションが多彩に選べるのも魅力で、夏だったら海の近くや川のそばなど水の近くのスポットが人気だ。車をBBQスペースに横付けできるオートキャンプスタイルのキャンプ場ならば、荷物の出し入れは非常に楽々。実はキャンプ場を利用する際は車の横付けができるかどうかを重要視したほうがいい。

 

最新のバーベキュースタイル

バーベキュー少人数対応モデル多数おすすめは車上スタイル

コンパクトタイプといえど、その対応人数はモデルによってさまざま。収納・使用時ともに小さくまとまっているバーベキューグリルがあれば、収納が小さくて使用一時には大きくなるバーベキューグリルもある。ひとりやカップルなどで多く使う人は、ロゴス・グリルキューブやコールマン・パックアウェイグリルあたりが軽量で持ち運びやすく、サイズ感もちょうどいい。

唯一このカテゴリのバーベキューグリルにおいてあてはまるのは、テーブル上で扱えるバーベキューグリルが多数あることだ。実際に使うシーンを想像してみると、テーブルの中央にバーベキューグリルがあるシチュエーションは「焼肉屋」で食べるスタイルといっしょ。テーブルはそこそこスペースに余裕が必要となるが、普段慣れ親しんだスタイルはコミュニケーションを取りながら焼くの非常にいい。サブグリルとしても活躍する、あるとうれしいアイテムだ。

楽して火おこしするのが最新のバーベキュースタイル!

ひと昔前のバーベキュー場では、新聞紙を丸めて火種にして、うちわであおいで炭に火をつける・.. なんでいう姿、があちこちで見られた。火つきの悪い安価な炭など使おうものなら、いつまでたっても火がおきず、火おこし担当はまわりの冷たい視線にさらされながら、汗をかきかき、プレッシャーに耐えて火おこしを続けたものだ。

しかし最新のバーベキュー事情では、炭や道具が進化して、火おこしがひと昔前に比べるとかなり簡単になっている。いちばん進化したものといえば、なんといっても炭。「着火加工成型炭」の登場だ。

これは木炭粉などを成型して作った炭に、着火剤を含ませたもの。ライターなどで直接火をつけると、たちまち炭に火がまわり、あっという間に炭おこしが完了してしまう。これなら火おこしをしたことがないビギナーでも、簡単にバーベキューを楽しむことができる。

東京、新宿でバーベキュー!

バーベキューが東京でもできます。都内の持込BBQパーティーハウス新宿店Pでは都内でバーベキューができます。
おすすめ:バーべキュー東京のパーティーハウス新宿店P