バーベキューグリル

バーベキューまずは特徴をつかんで新しいスタイルを想像

今も昔もバーベキューグリルはスタンドタイプが主流であることに変わりはないが、最近ではフタ付きやコンパクトタイプなど、種類が豊富に増えてきた。数多くあるグリルのなかから自分のスタイルに合ったグリルを見つけ出す方法ってなんだろう。使用人数、持ち運びやすさ、扱いやすさ、調理のバリエーションなと、それぞれのタイプの特徴をしっかりつかめば、答えは見つかるはずだ

使用人数が最大の目安あとは況用性を見極める

バーベキューグリルなんてどれもいっしょでしょーとはいえないくらいグリルのレパートリーがあって、選ぶ楽しさはあるけれど適正を見つけ出す難しさもある。最近のグリルのタイプは大きく3つに分けられて、昔からある「スタンドタイプ」、人気上昇中の「フタ付きタイプ」、持ち運びのしやすい「コンパクトタイプ」とある。

選び方の目安だが、どんな調理に挑戦したいかは二の次にして、使用人数に適したサイスのクリルを選ぶことがもっとも肝心だ。そのためには各グリルの使用時サイズや焼き面サイズをしっかりと調べておきたい。スタイルが気に入ってもバーベキューグリルが大きすぎて人数に対応しなければ、ちょっとどころか、かなりもったしない。

次に汎用性を考えてみよう。炭のつぎ足しはしやすいか、使用後の灰処理はどうやってするのか、グリルの高さを変えられるか、キャンプで使う場合は焚き火もできるか、などなどバーベキューグリルにはそれぞれに特性がある。すべてを兼ね備える万能なグリルなどなく、どこかしらにデメリットはある。

それでもあえて最初の1台として扱いやすいタイプはどれか?と問われれば、スタンドタイプだろうか。条件としてバーベキューをする場所まで車での移動と考えるとすれば、である。グループの場合はスタンディングで調理ができ、家族で落ち着きたい場合は脚フレームを短くする。併せてローチェア&ローテーブルでグリルを囲むと、比較的コンパクトなスタイルが実現する。面倒な片付け法もおおむねシンプルなモデルが多いからだ。

バーベキューグリル

グリルのラインアップは、一昔前まではスタンドタイプ一辺倒でした。もちろん今でも一般的なバーベキューグリルとしては王道のスタンドタイプがやはりナンバーワンの存在感を占めている。近年ジワジワと台頭しているのはフタ付きのグリルで、国内アウトドアメーカーはこぞってリリースし始めている。ただ焼くだけにとどまらないバーベキュー文化が少しずつ根付いている証拠かもしれません。

多少値がはってでも高品質モデルがおすすめ

バーベキューグリル購入にあたっては、安物買いはその好ましくない結果がかなり顕著に現れる。「デザインは昔ながらだったりするけれど、安いからまあいいか」と購入し、数回使用してみるが、次第に片付けは億劫になり、汚れもそのまま・・。材質もとことん切り詰めて作られているグリルであれば、錆び付恐きや変形がすぐに起きる。それでもしばらく使い続けるはできるが・・・・・・である。

これからバーベキューライフをさらいに充実させたいのであれば、プラス何千円か出して品質の高いグリルをぜひ手に入れてほしい。「必要ない」と思うよう一な機能も、ちょっと使ってみるぽと「あら、ステキ」と素直に喜べるものばかりなのだから。

バーベキューは日本のアウトドアのシーンにおいて、もっとも活動人口が多い、いわばアウトドアの入り口。テントやタープといったアイテムより、ニーズは格段に多い。だから各アウトドアメーカーはユーザーニーズにとことん応えるべく、津身のアイデアを込めたグリルを輩出するのだ。そこには、日本ならではの発想や、さりげないアイデアが生きている。国内メーカーであればコールマンジャパン、ロゴス、ユニフレームあたりはコストパフォーマンスが高く、スペックも十分なグリルが掛っている。

近年はフタ付きグリルも人気上昇中。ただ焼くだけではない、フタをしてオーブン、スモークをするなどアメリカンスタイルのバーベキューが浸透してきた。圏内アウトドアメーカーでも、少しずつではあるがフタ付きのグリルをリリース。いろいろなバーベキュー料理を楽しみたい人にとってすでにグリルの選択肢は、「ただのバーベキューグリル」ではなくなっていて、使える付加価値を求めている。

焼き肉的なバーベキューでももちろん楽しいのだが、質のいいグリルを手に入れれば新しいアイデアが自然と生まれ、調理の幅がどんどん広がる。そのうえ使い勝手がよく、後片付けまでスムーズ。長く快適にバーベキューライフを楽しみたいなら、アウトドアメーカーのグリルが間違いない。

◎おすすめサイト:バーベキュー東京のパーティーハウス新宿店Pがおすすめです。