バーベキューで使う七輪

江戸時代から、庶民の聞で重宝されてきた七輪。乙の伝統ある炭火調理器具はベーべキューにもってこいなのだ!

金属製七輪

丈夫で気軽に扱えるのが魅力落としても割れない金属製。軽量なので手軽に持ち運びができる。珪藻土製の弱点を解消したお手軽タイプといえる。

角型七輪

魚の丸焼きや焼き鳥に最適長方形の特殊七輸は、サンマの塩焼きや焼き鳥といったメニューを作るのに最適なモデル。炭を片側に寄せて、火力調整のエリア分けがしやすい。

かまど型七輪

火力謂聾がとても簡単側面がカットされており、焼き網を載せたまま炭の継ぎ足しカ句能。サイドから空気を取り入れられるため、火おこしもしやすい。ダッチオーブン料理にも向いている。

ナイスアイデア三連発

石を挟んで焼き網の高さを調節 最近のベーべキューグリルでは、焼き網の高さ調節機能は一般的になっているが、七輪にはそんな機能はない。そこで、高さがそろっている石を網の下にセットし、高さを変えるのだ。

焼けた食材はフチの避難所ヘ これは上部が聞いている朝顔型ならではの使い方。広がっているフチの部分には、それほど熱が届かない。なのでコゲそうな食材はフチの部分に避難させておくことができる。

串焼きの串がコゲない 一般的なベーべキューグリルでは串まで焼いてしまうことがあるが、朝顔型七輪なら心配無用。根元部分の肉までしっかり焼けるようにセットしでも、串の手で持つ都分はまったく熱くならない。

和製ベーべキューグリルの実力を体感しよう!

日本の伝統的なベーべキューグリル「七輪」。とっても風情があって、いつもと違う雰囲気のベーべキューが楽しめそうだ。

しかし、楽しめるのは風情ばかりではない。珪藻土製七輸は、温められると、炭が燃えたときと同じ赤外線を発生させる。このおかげで、肉や魚は、ふっくらとおいしく焼き上がるのだ。

赤外線の効果を最大限に発揮させるには、火の状態を「遠火の強火」に保つこと。多めに炭を入れて、高めに網をセットすれば「表面はパリッ、中はジューシー」という理想的な焼き上がりになる。

 

バーベキューの準備

野外バーベキューのほかに、庭先やベランダでバーベキューを楽しむこともできますよね。野外では何かと不安だと思われる方は、ガーデンバーベキューで経験を積めば、要領もわかってきます。 野外では石を組んでかまどを作りましたが、庭先 やベランダでバーベキューをするときは、野外で簡単に作れるご飯 を入れ、袋の中の空気を出して輪ゴムで止めます。熱湯の中に入れてから30 分くらいで、おいしいご飯ができます。 お湯は川の水や海水を利用してもよく、 出かける前に人数分用意しておけば、 大変便利です。東京からちょっと郊外まで足を延ばせばすぐに野外バーベキューができますよね。車で移動すればバーベキューの道具を色々と持っていきます。
最近は、便利なバーベキュー用燃料がいろいろ市販されていて、マッチ l本で火がつく固型燃料や豆炭、堅炭などがあります。 これらにすばやく 着火するための強力着火剤もあり便利です。固型燃料は煙が出ないかわ りに臭いがあるの で、しばらくして から 焼きます。

グリルを使うと便利です。炭火が一般的で、 すっかり燃えて、おきになってから焼きましょう。 火力は中火で、平均に回るようにします。 また野外では市販のたれやソースが大変便利です が、ガーデンバーベキューの場合は、手作りバーベ キューソースを何種類か用意したいものです。
バーベキューのアクセサリー バーベキューをおいしく演出するものに焼き串やオムレツ返し(ターナー)、肉刺し(ポ ーカー)、はさむもの(トング)などがあり、手を火の上に長い柄 がついていま す。 また、火 ばさみや軍手 も備えたいものです。野外バーベキューを都内の東京でもできるところがあるんです。東京でバーベキューをできるパーティハウス新宿店PのWEBサイトをおすすめしておきます。

おすすめ:バーベキューを東京でやるなら都内の持込BBQパーティーハウス新宿店P